安価な太陽発電でガザに光もたらす パレスチナ女性起業家 – MICRO SOLAR ENERGY
Responsive image
Article

安価な太陽発電でガザに光もたらす パレスチナ女性起業家

https://www.afpbb.com/articles/-/3231523

 

【6月25日 MEE】タクシーやバスに乗るお金がなくても、サマルさんは息子と徒歩に病院に通い続けた。息子の命を守るために必要だったからだ。

9歳の息子には肺疾患があり、酸素療法を毎日受けなければいけない。電力供給が不安定なため、生死がかかるこの治療を自宅で行うのは危険だった。

しかし昨年6月、パレスチナ人のエネルギー起業家マジド・マシュハラウィ(Majd Mashharawi)さん(25)が、自身の開発した太陽光発電システムの試作品をサマルさんの自宅に設置した。「このおかげで、病院に行けるかを毎日心配する必要がなくなりました」とサマルさんは語る。「時間に間に合うために走る必要も、もうありません」

マシュハラウィさんはパレスチナ自治区ガザ地区(Gaza Strip)にあるオフィスで、この太陽光発電システムが「人々の命を救っています」と語った。

土木技師のマシュハラウィさんは、サンボックス(Sunbox)の最高経営責任者(CEO)だ。サンボックスはソーラーパネルとバッテリーなどで構成される太陽光発電システムで、ガザのエネルギー問題に対する持続可能で安価な解決策として販売されている。

「私たちが開発した技術ではなく、既存技術を家庭での需要に合わせて改造しました。部品はそれぞれ違うメーカーのもので、少し手を加えてもらった上で組み立てました」

サンボックスの導入後、病院はサマルさん宅に酸素タンクを設置。サマルさんは、治療のために息子と毎日通院する必要がなくなった。

2006年、イスラエルはガザ唯一の発電所を破壊し、人道危機を悪化させた。2014年のガザ紛争では、イスラエルが再び発電所を爆撃。この日、激しい空爆と武力衝突により少なくとも100人が死亡した。ガザでは現在、平均で1日に3~6時間しか電気が供給されない状態にある。

■持続可能な解決策

マシュハラウィさんは最近、吉報を受け取った。サンボックスが支援団体アクション・アゲインスト・ハンガー(Action Against Hunger)から、ガザ地区の海水淡水化プラント10か所での太陽光発電システム導入の受注を獲得したのだ。

マシュハラウィさんはミドル・イースト・アイ(MEE)に対し「この巨大プロジェクトによって、当社の規模を拡大し、収益を家庭向け太陽光発電システムに再投資できます」と語った。

マシュハラウィさんがその名を世間に知られるきっかけとなったのは、イスラエルによる封鎖措置が12年にわたり続くガザが抱える問題を逆に利用するプロジェクトだった。最初のプロジェクト「グリーン・ケーキ(Green Cake)」は、焼却灰を建設用ブロックへと変えるもので、過去3年に渡るイスラエルの激しい攻撃で破壊されたガザ地区の建物を再建する試みだった。